シャンプーなび TOP → ヘアケアと注意点 頭皮のにおいには
頭皮のにおいには

よく頭皮のにおいが気になる人がいます。頭皮がにおうと言うことを自分でも意識できるまでになると、気になって仕方がなくなってしまい、非常に困りものですよね。

頭皮のにおいは、頭皮の状態をそのまま表すものなのです。

まず、何故頭皮がにおってしまうのか。実は髪の毛がにおっているのに頭皮がにおっていると思ってしまう人がいますが、頭皮のにおいと髪の毛のにおいは異なるものです。髪の毛ににおいは外部の環境によってもらってくるものですが、頭皮のにおいは日頃の頭皮のケアの仕方がそのままになって影響してきます。

まず第一に原因となるものは「フケ」です。フケとは頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもののことを言います。フケそのものにはこれと言って目立つにおいはないのですが、フケが湿って「湿性タイプ」のフケとなったり、皮脂分泌が活性化せれ過ぎてしまうとにおいが強くなるのです。これは、洗髪時の皮脂の洗い残しが酸化して、汗に雑菌が繁殖して蓄積するためです。頭皮のにおいが気になると感じたなら、頭皮が不健康な状態にあるという危険信号だととらえてください。エチケットと同様に深刻な問題だといえるものです。洗髪の仕方や汗をかいた後の始末次第で、大きな差が出てきます。

これに対処するには、まずは良質なシャンプーを正しく行いましょう。シャンプー後には欠かさずにブローをして頭皮を乾いた状態にしてあげましょう。そして頭皮が汚れたらなるべくすぐにふいたりして、地肌をきれいに保つことも大切です。