シャンプーなび TOP → シャンプー基本知識 毛先からブラッシング
毛先からブラッシング

それでは、正しいシャンプーの仕方を学んでいきましょう。

まず髪をお湯で洗う前にブラッシングをします。「面倒だから」とこれをしない人が多いのが現状ですが、ブラッシングをするのとしないのではシャンプーの効果がまるで違うのです。特に髪が長い人にとっては洗髪前のブラッシングは必要不可欠とも言えます。

それと言うのも、ブラッシングを洗髪前に行うことで髪の毛の絡まりやもつれを防ぐことができるからです。髪の毛が絡んだりもつれたりしているとシャンプーが髪の毛に生き届きにくく、シャンプー剤の効果が半減してしまいます。また、ブラッシングを行うことによって頭皮の汚れやフケを浮かび上がらせ、その後のシャンプーできれいに老廃物を頭皮から除去することができます。毛根の新陳代謝の活動を活発にし、頭皮の血行も促進するので抜け毛予防にもなります。

ブラッシングをする際には、毛先から行います。毛先をとかしたら順に上に行くようにしましょう。ここで大事なポイントは強くブラッシングしすぎないことです。強くブラッシングをしてしまうとかえって頭皮を傷つけるので、軽く、優しくブラッシングするようにしましょう。「痛みを感じない程度」を意識することが大事です。

ブラッシングに使うブラシですが、シャンプー用のブラシを使ってください。普通のブラシは元々シャンプー用ブラシとは用途が違うことを覚えておきましょう。シャンプー用のブラシはそれぞれの櫛目が大きいので普通のブラシとは簡単に区別することができます。