シャンプーなび TOP → シャンプーの種類 石油系シャンプー
石油系シャンプー

石油系シャンプーは、環境問題を考慮されてか、最近ではあまり見かけられなくなりました。特に石油だけを原料としているものは、地球環境にとってはかなり有害だとされています。

石油系シャンプーにはノニルフェノール、オクチルフェノールなの環境ホルモンだと認定された物質が含まれています。流したときに生活排水として非常に悪質なものになったりします。

石油系のシャンプーは環境に害を与えるだけではなく、髪にも頭皮にもダメージを与えてしまいます。石油系シャンプーはその特徴として、洗浄力が強く、シャンプー後の髪の毛の手触りが大変良いものですが、含まれている化学合成物質、つまり石油系合成界面活性剤はお湯で洗ってもなかなか落ちず、頭皮に残って体内に蓄積されていきます。

このような有害性物質を含んだシャンプー剤を使い続けることによると、当然有害物質が体内に断続的に溜まっていくので、将来的には深刻な病気を患うケースも今日では少なくありません。また、これらの物質は皮膚のたんぱく質を破壊するので、皮膚が傷ついてアトピーなどの症状になることがあります。さらに皮下組織や乳房、子宮など体内脂肪に蓄積して乳がんや子宮がんの原因になることもあり、大変危険なものなのです。

今でこそ石油系シャンプーは市場から影をひそめるようになりましたが、完全になくなったということではありません。安価で生産できるメリットから、今でも石油系合成界面活性剤が含まれたシャンプーは市販で売られています。市販のシャンプーを買うときは原材料をきちんと把握することが大事です。


シャンプー基本知識


新幹線回数券 買取
http://www.akb-shinrai.jp/

アマリール 副作用
アマリールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

筆耕 表彰状
筆耕の表彰状なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!