シャンプーなび TOP → シャンプーの種類 合成アミノ酸系シャンプー
合成アミノ酸系シャンプー

「天然アミノ酸系シャンプー」と比較して、「合成アミノ酸系シャンプー」はアレルギー体質の人には刺激が強いものとなるので、特に肌に問題のなく、頭皮の健康な人に適しています。

「合成アミノ酸系シャンプー」は、「天然アミノ酸系シャンプー」と同様に弱酸性で髪の毛や頭皮に害のないものですが、「合成」という言葉がある以上、高級アミノ酸系シャンプーに含まれる洗浄力の強い成分が含まれています。肌の強い人なら使用しても大丈夫ですが、アレルギー体質の人が使うと肌を傷めてしまう可能性があるので、見分ける際には十分な知識と注意が必要不可欠です。

シャンプー剤にどのような成分が使われているのかは、シャンプー剤のパッケージや容器に書かれた成分表でチェックすることができます。薬事法により、メーカー側が消費者にきちんと成分を知らせることが義務付けられたためです。

シャンプー剤の成分に、「ココイル」や「「コカミド」などといった言葉があれば、それはアミノ酸系シャンプーだとわかります。前半部分にこれらの言葉があれば、取り敢えず使って安全なものになります。前半に「ラウレス」「ラウリル」などの言葉がある場合は、そのシャンプー剤は高級アルコール系の合成物質を含んだものになります。前半にアミノ酸系の成分が書かれたものを選ぶようにしましょう。特に最近ではほんの少しでもアミノ酸系物質が入っていてさえすれば「アミノ酸系シャンプー」と名乗ってしまうものもあるので、知識がないままに使用してしまうと肌に合わずにダメージを与えてしまうことがあります。